2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« おねいさんが! | トップページ | 遅いのも悩みは深い »

2012年8月20日 (月)

「バカヤロー」で桃が腐るわけがない

最近、Facebookでシェアされている写真に、「ありがとう」と書いた紙の上の桃は腐ってなくて、「バカヤロー」と書いた紙の上の桃は腐ってる、というのがありまして。

誰かがネタで作った写真なのか何なのかは知りませんが、「すごい!」とか「言葉には力があるんですね」とかいうコメントが沢山付いてて、まあ、頭を抱えてしまうわけです。

もちろん、ほとんどの人は「バカヤローと書いた紙で桃が腐るなんてこと、あるわけない」と考え、その写真はスルーするので、コメントが賛辞に溢れたように見えるのも不思議じゃありませんが、それにしても、決して少なくない人がある程度は本気にしているわけで。

もし、「バカヤロー」と書いた紙の上の桃が腐りやすいとしたら、これまで人類が築きあげて来た、物理学、化学、生物学の知見との整合性が全く取れなくなりますので、それだけで否定材料として充分とも言えるのですが、「何か未知の作用があるのかもしれないだろ?」と言いたい人もいるでしょう。

では、「バカヤロー」と書いた紙に何か未知の作用があるかもしれないので調べるとしたら、何をどう調べるべきか?

まず、桃は一個や二個じゃなく、同一条件で100個とかを用意します。もちろん、「バカヤロー」「ありがとう」の他にも、何も書かないとか「東京都千代田区」「大島優子」などと書くとか、様々な条件を設定します。もちろん、紙の上の文字以外の条件は厳密に同等に設定します。

それらを時系列で観測して、「バカヤロー」が有意に腐りやすいとか、「ありがとう」が有意に腐りにくいとかの結果が出たとしましょう。

次にやるのは、紙を裏返したらどうなるか、紙の上にアルミ箔を置いたらどうなるか、鉛の板だとどうか、紙の上から10cmとか1mとか浮かせたらどうなるか、「Thank you」と「Fuck you」だとどうなるか、「ありがとう」と「バカヤロー」を一緒に書いたらどうなるか、手書き文字と印刷では違いがあるか、などなど。

様々な条件設定で観測して、「何か未知の作用」はどういう性質を持つものかを調べる必要があるでしょう。例えば、紙では遮られないが、1cmの鉛板が間に入るとと効果がないとか、効果は距離の二乗に反比例するとか、日本語は効果があるけど英語は効果がないとか、手書きは効果があるけど印刷では効果がない、とか。

そこまでやった実験結果があって、その結果が「バカヤローと書いた紙の上の桃は腐りやすい」を示していて、未知の作用についても何かしらの傾向が出ているとしたら、そこで初めて、実験データとして検証の土俵に乗ることになるでしょう。

実際には、そんな実験をする人もいないでしょうし、仮に実験をしても未知の作用が見つかるとは思えませんが、少なくとも、写真一枚で「バカヤローと書いた紙の上の桃は腐りやすい」を信じてしまうことなど、まったくありえないことです。

この珍説を信じたからと言って、誰に迷惑をかけるわけじゃないし、目くじらを立てて批判する必要はない、という主張もあるかと思います。

でも私はそうは思いません。こういうモノを信じる人は、科学的論理的判断よりも、誰かが語る「ちょっといい話」を優先して信じる人ですから、EM菌だとかホメオパシーとかのトンデモも信じる可能性が高いでしょう。

そして、EM菌だとかホメオパシーは真っ当な医療を遠ざける事に繋がり、経済的な面以外に、健康や命の面ではっきりと有害です。

そういう有害なモノを遠ざけるためにも、あまり有害ではないトンデモ説であっても、それをきちんと批判し、我々の常識からトンデモを遠ざけるようにすべきだと思うのです。

血液型で性格を語ることも、マイナスイオンも、パワースポットも、デトックスも、もっともっと批判されるべきことだと考えます。

« おねいさんが! | トップページ | 遅いのも悩みは深い »

科学」カテゴリの記事

コメント

疑似科学、大嫌いです。
真ことしやかに語るサイトなど、嫌悪を感じます。
それを信じる、愚か者も同じく大嫌いです。
キチガイだと思います。

999個の確かな証拠があるのに、わずか一つの不確かな事例で、メルヘンを信じる。
ダ・イ・キ・ラ・イ!!!

心霊やスピリチュアルも嫌い。細木数子やドクターコパとかを、テレビに出すのも嫌い。やつらは、「詐欺師」です。

このブログを見て、大変スッキリしました。
オカルト撲滅のために共に頑張りましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バカヤロー」で桃が腐るわけがない:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/08/21 08:42) [ケノーベル エージェント]
千代田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« おねいさんが! | トップページ | 遅いのも悩みは深い »