2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

心と体

2008年5月 8日 (木)

寝る前に食べると

色んな人と話していても、ブログなどを読んでいても、しばしば見聞きするのは、夜遅くとか寝る直前とかに食事してしまったとか、そういう時間帯だから我慢したとか、要するに寝る前何時間かにモノを食べることに関して、それを気にしていることが伺えるような発言です。

そういえば先日も、寝る直前の食事は太りやすいことが実証された、というようなニュースがありましたが、上記のようなことを言う方々はもちろん、太ることを避けたいと思っているわけです。

私は常々不思議だったんですよ、食べる時間を気にする人々が。

結論から言うなら、「食べる時間も関係あるだろうけど、まずは食べる総量(摂取カロリー総量)と運動や基礎代謝(消費カロリー総量)を気にするのが、先だろ!」ということです。

もちろん、摂取カロリー総量を充分にコントロールした上で、さらに「寝る直前は・・・」と言っている人もいますが、「そもそも、そのおやつを食べるのが間違い。寝る前だから悪いとか、夕方なら良いとか、そういう問題じゃないから」とか「ランチにロースカツ定食大盛りを食べておいて、寝る前には食べないとか言うな」という人も決して少なくありません。

私はダイエットの専門家じゃありませんが、常識的に考えて、食事時間の最適化(寝る前に食べない、等)によって得られる効果は、過剰気味の摂取カロリー総量を5%減らすことよりも、ずーーーっと小さいと思うんですが、私の考えは間違ってますか?

「寝る前に食べると太る」は間違ってなくとも、その効果は定量的に示さないとならないでしょう。例えばですが、ケーキ1個(300Cal)を寝る2時間前と5時間前に食べたとして、吸収されるカロリーの差が30Cal(10%)相当だとしたら、我々はそのように理解すべきですね。

この数字には根拠も何もありませんよ。信頼性ゼロですので、誤解なきように。ただもし、この程度の数字だとすると、ケーキ1個を食べる時間に気を遣うことで得られる効果は、たかだか30Cal分に過ぎません。一日の総摂取カロリーを2,000Calとするなら、誤差みたいなものです。そんなことを気にするよりも、2,000Calを1,800Calに抑えるには、と考える方が現実的かつ効果的です。

もし、1,000Calの夕食でも10%の差になるなら、それはそれで大きな差と言えますが、間食や夜食のようなものなら、誤差でしょう。実際、差は何パーセント位なんでしょうね。もし、その差が非常に充分に大きければ、「もっと食事時間に気を遣うべき」になるんですが、そんなに大きな差があるとも思えないんですが・・・

寝る前だから・・・・とか、気にしすぎだし、気にするポイントも違う、と思える人が多いと思いませんか? もちろん、効果がないわけじゃないので、気にして悪いことじゃありませんが、そればかりにスポットを当てているような感じがすると、私としては滑稽に感じられます。時と場合によっては、「寝る直前ではないから」と間食を正当化するのに使われてたりもするかもしれません。

因みに、私は食べる時間のことはほとんど気にしてません。他に気にすることがありますから。

2007年12月18日 (火)

電磁波を吸収するサボテン

先日、リンクのリンクでたまたま立ち寄った某ブログで、「電磁波を吸収するサボテン」なるものを買ったということが書いてありました。

私からしたら、「電磁波を吸収するサボテン」というフレーズだけで、トンデモ商品であることは首を賭けてもいいくらいなのですが、世の中の善良な人々の中には、まだまだ騙される人も多いんですね。それに、まだまだこんな初歩的にいかがわしい宣伝文句でのトンデモ商品があるんですね。

「電磁波を吸収するサボテン」というのはディスプレイから出る「電磁波」なるものを吸収してくれるので、ディスプレイの脇にでも置いておくと、体に良いんだそうです。笑う気にもなれない程度の低さです。そりゃ、サボテンは電磁波は吸収してますよ。サボテンは植物ですから光合成してます。つまり、可視光線という電磁波を吸収してます。だから、「電磁波を吸収するサボテン」自体には嘘はありません。

ディスプレイから出る「電磁波」が何を示しているのかは明らかではありません。周波数帯については何も言っていませんが、おそらく可視光線ではないでしょう。ディスプレイから出る可視光線を吸収したら、ディスプレイが映らないのと同じですからね。

仮に「電磁波」は電波のことだとして、くだんのサボテンが電波を吸収するとしましょう。でも、電波なんてのは、ホコリのようにそのへんをふわふわしているものじゃなく、光速で一直線に飛び去る(という表現もイマイチだけど)ものですから、サボテンをディスプレイの脇に置いても、何の役にも立ちません。まあ、たまたまサボテンに当たった電波は、ある程度は吸収するかもしれませんけどね。

それでも、サボテンがディスプレイから出る電波を吸収するんだ、と言い張るのなら、驚くべきことに、そのサボテンはブラックホールだということになります。電波の進む空間を歪めて、電波を吸収してるんです。すげーサボテンです。ブラックホールサボテンがあるなら、ホワイトホールサボテンも作って、ペアで売り出すと良さそうです。どこでもドアみたいに使えるかもしれません。

とまあ、私があれこれ書くまでもなく、電磁波を吸収するサボテンというのは明らかにトンデモ商品なわけですが、そのブログのコメントがまた泣かせます。「へー、体に良さそうですね〜」とか「わー、かわいい」とか「いい買い物しましたね」とか、そういう肯定的なコメントばかり。誰か一人くらい、教えてあげても良さそうなものですけどねぇ。誰も「電磁波を吸収」というフレーズで疑問を感じなかったんでしょうか?

いやあ、怖いですねぇ。私も何もコメントせずに帰ってきましたけどね。知り合いなら、コメント欄でなくとも、メールなどで教えてあげますが、見ず知らずの方に「騙されてますよ」と言うのもねぇ。

科学的な知識が不足していることをあまり批判的に言うのは良くないのかもしれませんが、基本的な知識はある程度身につけていないと、似非科学のトンデモ商品にコロっと引っかかることになるわけですよ。

因みにそのサボテン、電磁波を吸収するだけではなく、マイナスイオンとやらを出してくれるんだそうです。ブラックホールをも飛び出す超光速マイナスイオンには、さぞや御利益があることでしょう。

2007年11月 5日 (月)

加齢臭

何ヶ月か前の話なのですが、私は同居人から「加齢臭がする」と指摘されました。

最初は「たまたま何らかの理由で加齢臭っぽい臭いがしているだけで、加齢臭ってことはないだろう」と思っていたのですが、「加齢臭がする」という指摘は頻繁にあり、私の「加齢臭ではなくて、他の何かの臭いじゃないのか?」という指摘に対しても、頑として加齢臭という主張を譲りません。

そりゃあまあ年齢的に言って、私に加齢臭があっても不思議はないのですが、実際にあの臭いを発しているとすると、自分の美意識的にはかなりイヤです。

もちろん、私には加齢臭の自覚はないのですが、そもそも自覚しにくいものですし、他人からの指摘は尊重しなければなりません。でも、加齢臭オヤジになるのはイヤです。

ということで、加齢臭に効果がある石けんとかクリームとかを調べてみようかと、そういうときは取りあえずググルのが一番・・・・などと考えていたら、加齢臭対策グッズを見つけるより先にひらめいたことがあります。

「加齢臭がする」という指摘の少し前から、私はとあるクリームを使っていました。アロエエキス配合の全身に使うタイプのクリームです。夏になると、腕などにポツポツとしたアセモみたいなのが出来ることがあるので、その予防になれば、と使い始めたものです。

で、「加齢臭がする」のはそのクリームが原因なのではないか、と思ったのです。クリーム自体には、疑わしい臭いはないんですが、時期的に加齢臭とクリームの使用が合っているような気がしたので。

ということで、試しにそのクリームの使用を中止してみました。すると、クリーム使用中止の翌日から、「加齢臭」はピタッとなくなり(「全然臭わない」だそうです)、それは今に至るまで続いています。

このアロエクリームが加齢臭を誘発したのか、加齢臭に似た別の臭いの原因となったのかはわかりませんが、とにかく、このアロエクリームの使用を止めることで、加齢臭あるいは加齢臭に似た別の臭いを止めることが出来たということです。

私としては、加齢臭オヤジの仲間入りという事態が避けられたわけで、めでたしめでたしです。まあ、いずれは加齢臭オヤジになるかもしれませんけど・・・

2007年6月21日 (木)

暑いと体調が優れない

梅雨入りと同時に真夏日の連続、というのが事実かどうかは分かりませんが、実感としてはそんな感じの昨今、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

暑いと体調が優れないという方は少なくないでしょう。私もその一人です。

しかし私の場合、体調が優れなくなるのは、暑いからではなく、明らかに冷房によるものです。さらに特定するなら、自宅や電車の冷房よりも、職場の冷房が悪影響を与えるていることは間違いありません。

自宅ならエアコンのオンオフ、温度設定が自由に頻繁に出来ます。電車の冷房には閉口することもありますが、連続して車内にいる時間は30分程度です。でも、職場の場合は、こまめな温度設定変更がしにくい上に、何時間も連続で過冷房環境にいることも珍しくありません。

毎年、夏場は体調が優れません。寝込む程でもありませんし、日常の活動に影響がある程でもありませんが、本調子でない状態が続きます。

政治家連中が「クールビズ」とか言って、ノータイで上着を着ているのを見ると、ほとほとにバカじゃなかろうかと思います。「ネクタイをとるより上着を脱ぐのが先だろ!」と思うわけですよ。ノータイで首筋だけクールにしているのは、首を洗って待っている、という意味なんだろうかと、某首相の顔を思い出したりして。

とにもかくにも、上着着用前提で冷房温度を設定しているようなところもあるわけで、クールビズと言うなら、上着撤廃が最初にすべきことでしょう。ヘンテコな半袖上着なんて、何かのジョークとしか思えませんでしたが、案の定、広まってません。ノータイだけはそこそこ広まってますので、上着撤廃もやりようによっては定着するんでしょうけどね。

因みに、私も真夏日に上着を着ることはありますが、そういう時でも、冷房の温度設定についてはかなり高めを好みますし、実際、職場のエアコンの温度設定を高く変更することもしばしばあります。

何週間か前に、私は私のいるフロア全体のエアコン温度設定を 2 度程上げました。それはそのままキープされていました。そしてつい先日、さらに 2 度程上げました。これで、世間一般の推奨温度です。さて、この温度設定はキープされるでしょうか? もし、設定温度が下がったとしたら、犯人は大体想像が付きます。

特定の少数のおっさんがエアコンの設定温度を低く変更している、なんてことは、日本中の会社で起こっているんではないかと思います。厳罰に処して頂きたいと思うわけです。

2007年5月28日 (月)

ウェスト

最近立て続けに何本ものジーンズ類がダメになったので(私の場合、ズボンは股の部分が薄くなって擦りきれるんですよ)、先週末はジーンズを買いに出かけました。気に入ったデザインのものから、いつものウェストサイズを選び、試着室へ。

すると意外なことに、ウェストに余裕があるではありませんか。店のおにいさんも、「あー、これならもうひとつ下でも大丈夫ですよ。今持ってきますから、少々お待ち下さい」とのこと。無理してハラを引っ込ませていたわけじゃありませんよ。普通にしていたのですが、これまで何年か不動だったウェストサイズではゆるめで、1インチ小さいものでも大丈夫そうなのです。

確かに、ここ2ヶ月程、ズボンのウェストがゆるめに感じられてはいましたが、新品を買いに行ってサイズを1インチ落とせる程だとは思ってもいませんでした。実際、店員さんが持ってきてくれた1インチ下のものをはいてみたら、特にきつくもなくぴったりでした。そういえば、ここ2ヶ月程で、体重も2Kg位落ちてました。

ウェストサイズが小さくなるのはかなり嬉しいものですね。ウェストを1サイズ上げる経験は過去に何回かありましたが、下げる経験はずいぶんと久しぶりです。

最近、トンカツとかラーメンとか、高カロリーのものをよく食べているのですが、それにもめげず、体重もウェストも右肩下がり傾向です。何ヶ月振りかで会った人に、「痩せましたか?」と言われたこともあったし。どうして痩せたんでしょう?

別に不健康なわけではないですよ。最近2 - 3ヶ月で、それ以前と変わったことと言えば、歩く時間を増やしたこととか、身体の内部の筋肉を使うような簡単な運動(ねじったり、体側を伸ばしたり、大腰筋を使ったり)をしているとかですが、それらが影響しているんだとは思います。特別に何か時間を取ってやっているとか、食事制限をしているとかではありません。

この調子で、あと「ウェスト1インチ、体重3Kg」落ちてくれたら良いのですが・・・

それにしても、痩せるための特別な意識と特別な運動なり食事制限がなくて、自然に(という感覚)痩せていくのは、どうにも不思議な感覚です。

2007年5月24日 (木)

自分のことを考える

人が頭の中で考えていることに対して、その対象を「自分」と「自分以外」に分けてみましょう。

「もっと勉強して志望校に合格しよう」とか「ダイエットしなきゃ」とかは「自分」について考えているわけです。「あの子カワイイ」とか「ラーメン食いてぇ」とかは「自分以外」について考えているわけです。厳密な区別が出来ないこともあるでしょうが、思考の対象を大雑把に「自分」と「自分以外」に分けてみましょう。

良いとか悪いとかを判断するのは難しいのですが、私から見た率直な感想として、「何でこの人は、自分のことばかり考えているんだろう?」と思う人はいます。「自分」と「自分以外」に分けたら、「自分」のことを考える割合が高い人、ということです。

私自身と比べて高いのはもちろん、私から見た世間の平均値よりも、ずっとずっと「自分」のことを考える割合が高いように見える人がいます。「自分のことばかり考える」というのは、「自分の利益を優先した考え方ばかりする」とか「自分勝手」とは違いますよ。どちらかというと、内省的な思考になりがちだと思います。

私の場合は、自分の性格とか嗜好とか長所短所などをあれこれ考えるよりも、綺麗な女性のことや、美味しい食べ物のことや、趣味のことなど考えていたほうがずっと楽しいので、自分のことを考えるよりは、自分以外のことを考えることの方がずっと多いと思うのですが(単なる脳天気とも言えるかも)、自分のことを考えてばかりいる人は、どんな感じなんでしょう? 自分以外のことを考えることがあまり楽しくないのか、自分のことを考えることが楽しいのか、楽しくはないけどそういう思考にはまってしまうのか、どうなんでしょうね?

もっとも、逆の立場からは、「どうしてそんなに自分以外のことばかり考えていられるんだろ?」という見解もあるかもしれません。

思考対象を「自分」と「自分以外」に分けて考えるというのは、ふとしたきっかけで思いついたことなんですが、なかなか面白いと思います。「自分」と「自分以外」のバランスが極端にどちらかに偏っているのは、あまりよろしくないのでは、とも思います。